ここからはその後の話となる。



 王宮では、最愛の一人娘を拐かされて憔悴しきった国王エル13世の午前に、開戦派のベアトリス枢機卿と、慎重派の王弟ケストナーが論戦を繰り広げていた。
 ベアトリスは、昼行燈と奇行癖で有名なケストナーの豹変ぶりと、その支持者の意外な多さに舌を巻いていたが、このままではアンナは殺されると煽り立て、王の心を開戦に傾けていた。

 そんな中、救出されたアンナ王女が御前会議に現れ、事情の説明と開戦の即時停止を具申した。
 もとより戦争に興味のない国王はこれを認め、貴族たちの目も構わず娘を抱きしめたと言う。

 しかし、この時国王は、かつて改革に燃えていた頃の冴えを一時的であっても取り戻した。
 ただちに非常事態宣言を行い、円卓の騎士団及び赤枝の騎士団全軍に臨戦態勢と教団軍の捜索と撃滅を命じた。足りない戦力は国庫から資金を捻出し、冒険者を雇って各地の警備と捜索に当たらせる。

 一通りの指示を出した時、客室で死んだように眠っていたバジルたちが起きてくるのを待ち、彼らの手を取って感謝の言葉を述べた。
 討伐若しくは捕縛された教団軍は200余名にも及んだが、ほとんどの者が事情を知らない傭兵で、幹部である魔族は全て自害して果てていた。
 王はエルーランの沽券にかけて教団なる組織を摘発すると宣言し、その手足となる事を期待されたのが王立銃士隊だった。


 国王は救出に関わった銃士及び騎士全員に勲章を与え、銃士隊を円卓の騎士団、赤枝の騎士団と並ぶ正式な騎士団と位置付けた。
 騎士爵の授与も考えたがようだが、これはケストナーが止めたとされる。平民の部隊である銃士隊の良き文化が失われないよう、爵位ではなく恩賞で報いるべきだと言う主張したのだ。王はこれを受け入れ、ボーナスを大盤振る舞いした。

 だが、直接王女を救出したバジルは話が別だった。将来、アンナの側近となることを見込まれた彼は、準男爵位を与えられる。

 レオンの手記では、気楽さを好むバジルはこの打診を固辞しようとしたが、「王様の顔が潰れます!」と周囲から説得され、不承不承受ける事になった。英雄バジルの躍進はここから始まる。
 同じく、エトワール、ヴァレリーの両名も準男爵位が与えられ、赤枝の騎士随一の出世頭となった。

 ひとり、面白い行動をした人物がいる。バジル隊の支援に駆け付けた新人隊長ユーリである。
 彼は王の午前で堂々と「どうしても欲しいものがありますが、それは今回の功績では足りません。また手柄を立てますので恩賞はその時まとめて頂きたい」と言い出した。
 温厚そうな彼のあまりの言い草に一同が唖然とする中、王は何か気づいたように「そうか、そなたが……」とつぶやき、彼の願いを認めた。
 恩賞を蹴ってまで彼の望んだものが、たったひとりの女性だと知った時、貴族たちはまたもや唖然とし、噂好きの街人達は彼に喝采を送った。


 かくして、激動の1年間を彩る英雄たちが歴史の表舞台に顔を出した。
 その中心人物である英雄バジルは回顧録を残さなかったが、右腕である銃士レオンと、後輩ユーリは、そろって以下のように書き残している。

 「彼はその後も準男爵の地位などなかったかのように振る舞い、その快活とした生き様は少しも揺らぐことは無かった」