第2話の収録を終えた、帰りの電車で。


紺碧:はぎわらさん。メイジが欲しいです(ずずいっと)。
はぎわら:はあ。確かにメインクラスは全部揃った方が楽しいですけど。でもPLはどうします? 誰か心当たりは居ますかね?
紺碧:はぎわらさんもご存じですが、昔一緒に卓を囲んでいたB君に頼もうと思います。彼なら経験豊富だし、未知のルールでも楽しんでやってくれると思いますし。
はぎわら:分かりました。では、話を通しておいて下さい。日程の調整はこちらでやりますので。
紺碧:よろしくお願いします。


 というわけで、急遽4人目のPLが登場することになった。彼がどんな人物か、乞うご期待。


はぎわら(以下GM):と言うわけで皆さま、第3話の収録ですよ!
一同:わーぱちぱち!
GM:今回は新規参入のPLが居ます。


・プレイヤーB
 紺碧の後輩であるゲーマー。
 ネタとギャグに生きる局地戦型プレイヤーである。
 シリアスなロールプレイも得意なくせに、DNAに刻まれた芸人の血がネタに走ったロールプレイを強要する。
 真面目なロールをやると本当にかっこいいため、GMのはぎわらとしては、彼の芸人DNAを抑えて真面目な顔を引っ張り出すのが目下の課題である。
 しかしながら、頭脳労働は得意で、謎解きなどになるとハイテンションで真相を追い求める。ただし、たまに熱くなりすぎて暴走する所は御愛嬌。
 なお、ダイス目は総じて低い。


プレイヤーB:いやー、久々のTRPGです。楽しみだなあ。
GM:それは何より。私もBさんにはGMをやって頂いた事はありましたけど、卓に入って頂くのは初めてですね。
雅清:で、どんなキャラを作るんですか?
プレイヤーB:オカマ銃士とかどうでしょう?
一同:ぶっ!


 いきなり斜め上の提案をされ、困惑する一同。そうだった。プレイヤーBとは、そんなPLなのだ。


プレイヤーA:それマジでやるんですか?
紺碧:やめておけw。
プレイヤーB:じゃあ、童顔のキャラがいいです。成人してるけどちっこいせいで子供にしか見られないような。
GM:すると、フィルボルですかね?
プレイヤーB:いえ、ここはあえてヒューリンで。
GM:分かりました。じゃあその方向でキャラメイクしてみてください。


◆◆◆◆◆


GM:それでは自己紹介をお願いいたします。
プレイヤーB(以下アオイ):新規で入りますアオイと申します。東方出身で歳は21。男で黒目黒髪です。身長142㎝で小柄なんですけど、それを生かした戦いが得意です。メインクラスがメイジでサポートクラスがニンジャ。ライフパスは出自が幸運の星、境遇が遺言、運命が旅立ちです。
GM:東方キャラですか(メモメモ)。そうすると、エルーランにやってくるまでのシーンもやらないと駄目ですね。


 尚、東方出身でアオイという名前は、公式NPCであるダイワ群島国のタイクーン君主、アオイ・カゲユキの姓と被ってしまうのだが、このセッションを収録した2009年にはまだ東方ガイドは影も形も存在しなかった為、後にはぎわらとプレイヤーBはこの問題に頭を抱えることになるのだった。


GM:では変則的ですが、今回予告の前に、アオイが他の皆さんと出会うまでをやりましょうか。アオイ、あなたは東方からの長旅の末、エルーランの王都ログレスにたどり着きます。


 今日も銃士隊詰所は千客万来だ。 だが、この日訪れた奇妙な客人と、これからずっと付き合う事になるとは、さしもの銃士達にも思いもよらなかった。


アオイ:金が無くなって、王都に着いてから3日間何も食べてません。ふらふらしていて立派な建物があるなと思ったところで倒れます。きっと誰かが拾ってくれる筈(笑)
GM:だれか、拾う人?(笑)
雅清(以下バジル):(手を挙げる)はい! 今日も寮から出勤していて、そろそろ詰所かなぁ、と思ったところで、倒れているのを見つけちゃいます(笑)
アオイ:手を伸ばしながらばたっと倒れている。
GM:わかりやすい行き倒れだなあ(笑)
アオイ:あ、身長142なんで子供と思われるかも。
バジル:おい坊主、大丈夫か?
アオイ:(腹の底から絞り出すような声で)食べ物を……(笑)
バジル:何だ、行き倒れか? 仕方ないな、連れて入るか。アコさんに何か作ってもらおう。
GM:じゃあ、アオイをおんぶして出勤してくるバジルに、アコさんが気付きます。「おはようございますバジルさん。どうかしたんですか?」
バジル:おはようアコさん。実は行き倒れみたいなんだ。悪いけど何か食べ物があったら食べさせてやって欲しいんだ。
GM:「まあそれは大変!」 例によって昨日のシチューが余っているので、それを持ってきてくれます。今回のシチューはほうれん草がたっぷり入った、栄養満点のホワイトシチューです。「急に食べると胃に負担が掛かりますから、ゆっくり食べてくださいね」
アオイ:シチューの匂いをかいだ瞬間、がばっと飛び起きてガツガツ食い始めます。
バジル:ああっ、人の話聞いてない(笑)
アオイ:(立ち直って)「助かりました」
バジル:回復早ッ(笑)!
アオイ:道中何度か倒れているので慣れています(笑)
バジル:坊主、名前は? 俺はここの銃士隊にいるバジルと言う者だが。
アオイ:銃士隊?
バジル:まあ、王都の平和を守っている組織だよ。
アオイ:「はあ、立派なんですねぇ」あんまり良く分かってない感じで(笑)
GM:ここから入隊までどうこぎつけるべきだろうか(苦笑)
バジル:見たところ旅の者かなにかなんだろうから。行き倒れって事は何処にも当ては無いのか?
アオイ:ええ、ずっと旅をしてきたんですが、もう何も無いんです。過去も捨てました。あ、そういえば名前を名乗っていませんでした。アオイと申します
バジル:アオイか。変わった名前だな。
アオイ:そういえば、こちらの方には無い名前でしたね。はっはっは
バジル:こちら?
GM:何だか怪しさ全開だな(笑)
アオイ:いや、世間知らずなんで。というか今まで街なんか寄らずにずっと野宿でここまで来ましたから、初めての街ですから。
レオン:おいおい(流石にねーよ!と言う顔で)。
アオイ:しかしここは大きな街ですね。
バジル:そりゃあ、この国の王都だからな。迷う奴も結構居る。
アオイ:長く旅してきたんですけど、こんないい所は無いですね。
GM:アコさんが聞いてきます。「するとこの街で仕事でも見つけるんですか?」
アオイ:職を探しているうちに路銀が尽きまして。
GM:「あなたは何が出来るんですか?」
アオイ:一応こう見えてもメイジなので魔法は使えます。
GM:(やっと話が繋がった!)「そういうことであれば。隊員募集の張り紙が出ていますよ」
バジル:そうだなあ。うちは銃を撃てる奴はたくさん居るが、魔法使いは少ないからな。常時募集中だ。ところで坊主歳いくつだ?
アオイ:21です。
バジル:は?
GM:「まあ!」アコさんも持ってきたお盆をぽとりと落とします(笑)
バジル:お前さん、フィルボルか何かか?
アオイ:いえ、れっきとしたヒューリンですが?
バジル:……ま、まあ、うちも人手が足りなくてな。もしやる気があるんならばテストを受けてみる事も出来るんだが。どうだ?
アオイ:とりあえず募集要項を読んでみましょう。
GM:ではこう書いてあります。「寮、三食付き」
アオイ:「受けます! 受けさせてください!」
レイ:即断しますね(笑)
GM:試験の結果、銃士隊への仮入隊が認められます。実際仕事をして、問題無ければ正式に配属と言う事ですね。配属先はバジル隊です。
バジル:やっぱりそうなったか。ま、よろしくな。
アオイ:(ガッツポーズして)寮と三食付き!
バジル:……色々心配になってきた(笑)。