GM:それから数日後。アオイは見事仮配属が終わり正式な銃士と認められます。
アオイ:おお!
GM:先日のアンナ姫の件と合わせて、オーバン隊長がささやかな酒宴を開いてくれますよ。
アオイ:酒だ酒だ。
レイ:お酒……。
GM:「アオイ君の正式な入隊と、後厄介事が過ぎ去って」といったところでグレース副官の咳払いが入ります(笑)。「じゃなくて、姫の見学が無事済んで、おめでとう。カンパーイ」
一同:カンパーイ!アオイ:この国の酒は初めてだ。旨い!
レオン:このエルーラン王国はワインの産地としても有名なのですよ。
GM:宴会には他の銃士もどんどん加わってきます。ユーリ隊の3人も酒席に加わってますが、しんみりと杯を傾けるハジメの横で、暴飲してからみ酒をするポルトスをひたすら宥めるユーリと言う構図が(笑)。
アオイ:なんか、ユーリさんの中間管理職ぶりに涙がちょちょきれます(涙)。
GM:「それではもう一度、新しい仲間と銃士隊の前途を祝して、カンパーイ」
一同:カンパ……。
GM:その時ばたんと扉が開いて。「大変だ! アンナ姫が攫われたっ!」
一同:「なっ、なんだってぇー!!(MMR風に/笑)」
GM:伝令の銃士が持ってきた情報は以下の通り。今日、姫は神殿からの依頼で冒険者通りを視察に行っていました。護衛をしているのは侍従達ですが、その侍従達が傷を負って銀嶺城に運び込まれてきました。その中に姫は居なかったとの事です。
バジル:なるほど。
GM:ケストナー卿はこの事態を受けて銃士隊を銀嶺城へ召集しました。
アオイ:お城なんか初めて入りますね。
GM:オーバン隊長もいつになく真面目ですよ。「バジル隊。君たちは先行して侍従達の話を聞いてきてくれ。容態は安定しているようだ」
一同:了解しました。


◆◆◆◆◆


GM:侍従達は皆大小の傷を負っていますね。
バジル:銃士隊の者だが大丈夫か?
GM:「自分達がついていながら、姫様にも陛下にも申しわけない」
バジル:「いや、命があっただけでもまだありがたい。現場の状況はどんなものだったんだ?」
GM:彼らの語るところによりますと、突然数名の精鋭に襲撃を受けて、抵抗したものの歯が立たず、姫を連れ去られてしまったそうです。
バジル:そいつらは何人居たんだ?
GM:5人だそうです。
バジル:襲われた場所は?
GM:街路の一角ですね。目撃者も居ます。
バジル:相手の特徴は?
GM:5人の体格とかは大雑把に教えてくれます。
アオイ:そこは予定の行程で通る場所ですか?
GM:予定通りですね。
レオン:という事はそれを知っている人間、つまり内部を疑った方がいいのかもしれない。
バジル:その他、何か手掛かりは無いか?
GM:「それが……」と言いかけたところにエトワールがやって来ます。「お前達、やはり来ていたか。少し話したい事がある」
バジル:なんでしょう?
アオイ:(侍従達をちらりと見て)「とりあえず廊下に出ましょうか」
GM:そうですね。ではいったん廊下に出るとエトワールは周囲を見回して言います。「実は、現場にヴァンスター騎士団の紋章が残されていたそうだ」
レオン:なに?
アオイ:ヴァンスターって、今エルーランと一触即発状態の神聖ヴァンスター帝国ですか?
GM:まさしくそのヴァンスターです。「まずい事にそれで王国の主戦派が一気に躍進したらしい。陛下は大変動揺されて、姫様を奪還すると言う大義名分をもっての対ヴァンスター帝国の開戦は時間の問題だ」
レオン:うーん、なんか出来すぎてない?
バジル:俺もそう思う。
レイ:ヴァンスターの仕業に見せかけて……。
GM:「気付いたか。さすがだな。この事件、ヴァンスターが主犯だとすると、おかしなことが多くないか? わざわざ証拠を残すのがまず変だ。襲われた侍従も全て生きて帰ってきている。私の立場でこれ以上言うわけにはいかないが。誰かがヴァンスターとエルーランを……後は分かるな?」
バジル:うん。
GM:「赤枝の騎士の殆どは開戦準備に追われて動けない。今回は私とお前達銃士隊だけで動く事になりそうだ。何か分かったら伝える。よろしく頼む」
レオン:「こちらこそよろしく。目指すところは姫様の救出だ」
バジル:とりあえず銃士隊に合流してさっきの事を報告しないと。