●世界設定

・「ライズ」と呼ばれる異世界

ライズ世界地図

・ある日、ライズが戦前の地球と繋がり、地球の列強から魔法と引き換えに機械文明を学んだ。
・しかし、異世界間貿易の利権を巡って条約国陣営と連盟国陣営が対立。
・クロア公国で条約維持の大公派と連盟加盟を主張する帝国派による内戦が勃発。
・ライズの列強や地球の親条約国(日英独伊)と親連盟国(米ソ仏)がこぞって義勇軍を送り込み、戦争は泥沼化。
・連盟の盟主、ゾンム帝国は地球と貿易する資源欲しさに周辺国に武力侵攻を繰り返し、猛非難を浴びている。特に小国エスタに侵攻した際、抵抗を行う軍人たちへの見せしめの為に、無防備都市宣言を行った首都レーネスを無差別爆撃で焼き払っている(「鮮血の収穫祭事件」)。

 

「王立空軍物語」国際情勢


●登場人物

<メインキャスト>

・南部隼人

南部隼人

搭乗機:〔一式戦闘機隼〕 本編の主人公。ダバート王国空軍少尉。
令和の地球からやって来た転生人。ダバート空軍のパイロットだが、義勇兵としてクロア内戦に参加する。極度の飛行機バカだが、軍人とは思えないほどのお人好しでもある。

・マヤ・サヴェートニク

マヤ・サヴェートニク

搭乗機:〔一式戦闘機隼〕
本編のヒロイン。隼人の僚機を務めるベテランパイロット。一見クールに振舞うが、その実超毒舌。
秘めた過去と激情を胸に、今日も上官隼人にダメ出しをする。

・マリオ・カライオ

マリオ・カライオ

搭乗機:〔サエッタ改〕
隼人の部下。クロア公国空軍軍准尉。
童顔と言うか女性にしか見えないがれっきとした男。
数合わせの為旧式機で戦場に送り込まれた短期養成のパイロット。

・カタリーナ・クロア

カタリーナ・クロア

18歳の若さでクロア公国大公の座に居るが、中身は年相応の女の子。古代種の証である銀髪と赤い瞳を持つ。
何故か一介のパイロットであるマリオを気にかけている様子。


<64戦隊メンバー>

・加藤建夫

搭乗機:〔一式戦闘機隼〕
史実では伝説級の撃墜王。日本陸軍中佐。隼人が所属する飛行第64戦隊隊長。
地上では温厚かつ寛大な指揮官だが、空では猛然と敵を攻め立てる闘将でもある。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%BB%BA%E5%A4%AB

・南郷茂章

搭乗機〔零式艦上戦闘機(ゼロ戦)〕
史実の撃墜王。日本海軍から副官として64戦隊に送り込まれてきた。階級は少佐。
飄々とした態度と温和な笑顔の人たらしだが、一方で加藤が出来ない非情な決断も下す。英国駐在武官の経験を活かし、交渉や広報などの対外業務でも加藤を支える。
https://www.google.com/search?q=%E5%8D%97%E9%83%B7%E8%8C%82%E7%AB%A0&oq=%E5%8D%97%E9%83%B7%E8%8C%82%E7%AB%A0&aqs=chrome..69i57j35i39.4399j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8

・檜与平

搭乗機:一式戦闘機〔隼〕
史実の撃墜王。日本陸軍中尉。溌溂とした態度で部隊の雰囲気を盛り上げるムードメーカーだが、加藤隊長に心酔しており、彼の前で加藤をディスる行為は死を意味する。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AA%9C%E8%88%87%E5%B9%B3

・八田米作

搭乗機:一式戦闘機〔隼〕
史実では開戦劈頭に戦死している。
作中では檜の親友となり、中隊長を命じられて重責に苦しむ彼を支える。隊内における隼人の数少ない理解者でもある。占い好き。

・赤松貞明

搭乗機:〔零式艦上戦闘機(ゼロ戦)〕
史実の撃墜王。階級は飛曹長。酒と喧嘩と女、そして何より飛行機を愛する偉丈夫。
南郷の弟分を自称し、喧嘩っ早いが情に厚い。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E8%B2%9E%E6%98%8E

・樋口哲也

搭乗機:〔一式戦闘機隼〕
隼人の部下。日本陸軍軍曹。隼人の資質に疑問を持ち、警戒している。
日課は日本に残してきた新妻に手紙を書く事。

・山田ナディラ

山田ナディラ

整備第2小隊隊長。インドネシア出身の日本陸軍中尉。
魔力の流れを読める貴重な整備士官。所謂ハカセ枠。

・ゴ・リーファ

ゴ・リーファ

64戦隊付の情報将校。台湾出身。隼人の未来知識を祖国に持ち帰る為の連絡役も務める。


<戦術教導隊>

・リーム・ガトロン

リーム・ガトロン

搭乗機:〔Fw190〕
隼人のライバルを自任する負けん気の強い女性士官。基本三下だが、割と人情で動いたりする。

・古関磐

搭乗機:〔Bf109〕
エリート部隊「戦術教導隊」の幹部。隼人に正体を突き止めようとする。


<その他の人々>

・ブルーノ・クロッツィ

クロア公国宰相にしてカタリーナの教育役。
老獪な実務者だが、カタリーナが関わると只の親馬鹿と化す。

・ヒュー・ダウディング

史実ではバトル・オブ・ブリテンの陣頭指揮を執った英雄。英国空軍退役中将。
何時の間にかクロア義勇軍総司令を押し付けられていた。頑固者一徹な堅物だが頑迷ではない。現実主義者で、勝利の為なら過酷な命令も辞さない。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0


<帝国派>

・ジャン・スターリング

ジャン・スターリング

搭乗機:〔ライトニング〕
ゾンム帝国のエリート部隊「ニーズホッグ隊」の飛行中隊長。階級は少佐。
将来を期待される天才パイロットである。ダバート王国からの亡命者で、隼人とは何やら因縁があるようだが……。

・氏無しジーナ

氏無ジーナ

搭乗機:〔ライトニング〕
ニーズホッグ隊隊員でジャンの僚機を務める。階級は少尉。
「空を飛ぶ為に必要ない物は切り捨てる」と言い切るストイックな性格。合法ロリ枠。


<活躍は第二部から>

エーリカ・ダバート

エーリカ・ダバート

搭乗機:〔三式戦闘機飛燕〕
階級は少尉。ダバート王国王女にして空軍少尉。隼人の士官学校同期。新鋭機〔飛燕〕で王都の防空に従事している。
王族の義務を果たそうとする志と、サラマンダーを使役する強力なの魔力を持つが、少々ポンコツである。

マリア・オールディントン

マリア・オールディントン

ダバート王国空軍少尉。隼人の妹分。幼少時に隼人の飛行機狂いが伝染してしまい、彼を追いかけて士官学校に。
魔導エンジンの試験に従事している。遠方の物体を探知する魔法を用いる。