イリッシュ大戦車戦 ~王立空軍物語外伝~

 地球との異世界貿易で栄えるライズ世界の片隅「クロア公国」で、凄惨な内戦が勃発した。
 大公派と帝国派の争いは、地球・ライズ各国の義勇兵と地球製兵器を巻き込んで拡大の一途を辿る。
 降臨暦942年(西暦1942年)。決戦を控えた大公カタリーナは1人の将軍に決戦の指揮を委ねる。
 彼の名はアルフォンソ・アッパティーニ。優秀な弟と比較され「じゃないほうのアッパティーニ」「何をしても怒らない男」と嘲笑される若手貴族だった。彼が参謀長として抜擢したのは舌禍事件を起こしてドイツ陸軍から放逐されたヴェロニカ・フォン・タンネンベルク。

 そして、あぶれ者と問題児のコンビの前に立ちふさがるのは、アメリカが誇る勇将ジョージ・パットンだった。

 数でも負け、戦車の質でも負け、おまけに司令官の経験も劣っている。「怒らない男」アルフォンソと「怒れる女」ヴェロニカは、そんな状況を覆せるのか?

 ヴェロニカは宣言する「敵のパットン中将はハンニバルを自称しているそうね。なら、私が貴方をスキピオにしてあげようじゃないの!」。

 これは、「クロアのハンニバル」と「クロアのスキピオ」の名で語り継がれる2人の名将が初めて激突した「イリッシュ戦車戦」の記録である。

※本作は、現在執筆中である「王立空軍物語~転生パイロットの異世界空戦記~」の番外編として先行公開したものです。
※暫定公開版ですので、随時修正して行く予定です。
※本作は「小説家になろう」でも公開しております。

本編目次

プロローグ「破局」

第1話「じゃない方のアッパティーニ(前編)」

第2話「じゃない方のアッパティーニ(後編)」

第3話「クロアのハンニバル」

第4話「男どもには任せておけない」

5話「怒らない男と怒れる女(前編)」

第6話「ノースの舌禍」

第7話「怒らない男と怒れる女(中編)」

第8話「謀略戦」

第9話「兄と弟」

第10話「怒らない男と怒れる女(後編)」

第11話「レナート・アッパティーニ」

第12話「パットン大戦車軍団」

第13話「奇策」

第14話「綻び」

第15話「怒りの理由」

第16話「隼人とマヤ」

第17話「パットンの逆撃」

第18話「怒らない男と、やっぱり怒れる女」

後日談「スキピオとハンニバル」


おまけ

登場人物と世界設定

登場兵器紹介