新作模型活動報告4(萩原優)

ことは:ヤルッツェ・ブラッキン! 西城寺ことはよ!

真:アシスタントの宮藤真です。

ことは:ここで紹介する模型は、創作サークル「王立銃士隊」メンバーが小説投稿サイトで公開している、『王立空軍物語』『「真秀ろばの国」導く、異世界新秩序』に登場するメカニックなんだ。興味がある人はリンクから小説ページへどうぞ!

真:それはそうと、いい加減変にマニアックなネタを挟むの止めない?

ことは:え? 穏当にジーク・ジオンとかの方が良かった? でも降伏の暇も与えず毒ガスを流し込んだジオンより、降伏を受け入れて奴隷にしたブライキング・ボスの方がまだリベラルじゃない? どの道皆殺しにしてたけど。

真:だーかーらー!

ことは:第14話『キャシャーン無用の街』は神エピソードよ。市長さんが「ドレスデン_爆撃」でググっていればあの悲劇を避けられたと思うと、リテラシーの大切さを痛感するわ。

真:あれはそう言うテーマのお話じゃないよね? まあいいや、今回の模型写真いくよ。まだ未塗装だけど、機種は判別できそうだね。

ことは:最近漫画やアニメでよく出てくるからこれは分かるわ。〔紫電改〕ね! ちょっ見た目の印象が違うけど。

真:凄い飛行機なの?

ことは:うーん、一応話せはするけど、また講座の方でやるわ。他に谷利さんから情報は?

真:ええと、『鋼翼の7人』に登場した菅野大尉の専用機らしいね。細部はかなり弄ってるって書いてあるけど、専門用語が多くて。

ことは:ほほお! 専用機! 良いじゃない!

真:詳しい設定ははぎわらとやりとりしてるそうだから、その内に公開されると思う。

ことは:という訳で菅野ファンの皆さん! 続報をお楽しみに! ヤルッツェ・ブラッキン!

真:それ、気に入ったの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA