アリアンロッドリプレイ外伝 第8話 「その日のアルベール」


 ■プリプレイ

 

はぎわら(以下GM):ではアリアンロッド外伝・銃士隊セッション第8話を始めたいと思います。

一同:宜しくお願いします。

GM:今回は雅清君が仕事で来られないので、バジル抜きのミニセッションとなります。ところで皆さん、成長とかはどうですか?

シノブ(以下レイ):今回はレベルアップは出来ません。

紺碧(以下レオン):私もですね。装備は防具をスタデットメイルに変えました。他に装身具で鷹の目が欲しいんですけど、そこそこ高いんですよね。

GM:1000Gでしたっけ?

レオン:そうです。他の装備更新の事も考えたらって意味ですが。まあでも、レイは私以上に鷹の目は必要じゃない? シーブズツールは必要な時に付ければ良いですし。鷹の目の射撃攻撃ダメージ+1は地味に有効ですよ。

レイ:シーフなのにあんまりトラップ探知とかしてないからな。射撃攻撃に特化した方が良いかもしれません。

GM:まあ基本ダンジョンには潜らないですからね。とは言え、今回は潜ってもらいますけど。

レオン:それでアルベール隊のキャラシート用意してるんですね。

GM:そうです。彼らは銃士隊の中でもダンジョンに潜るのを得意にしてますからね。では今回予告を読み上げたいと思います。

 

「隊商の護衛を命じられたバジル隊とアルベール隊。その帰り道で遭遇したのは、盗賊団に狙われた村だった。アルベールの故郷で起きた事件とは? 盗賊団掃討作戦の勝者は誰に? 次回アリアンロッド外伝『その日のアルベール』――キミにも、青い血が流れている」

 

レオン:おお、今回はアルベール君の話ですか。

GM:さて、ギルドスキルはどうしますか? 今回は臨時でアルベール隊とも同じギルドということで。

レオン:ギルドスキルは3のまんまだから、4つまで選べるね。《陣形》《加護》《祝福》として、後1つはどうしよう。

レイ:やっぱり《蘇生》じゃないですかね?

レオン:そうだな、それでいくか。

 

 

 

■オープニングフェイズ01

 

GM:そんなわけ皆さんはオーバン隊長の指令で隊商の護衛を仰せつかり、ヴァンスターとの国境まで無事送り届けて来た帰りです。メンバーはレオンとレイ、それからアルベール隊の三人組ですね。

レオン:寧ろ我々の方が助っ人なんじゃないかな、この格好だと()

GM:皆さんは現在、野営している途中です。

レオン:とりあえず無事任務完了してよかったですね。

レイ:そうですね。

GM:三人組は何やら懲りもせず議論しているみたいですけど。

レオン:(意に介さず)仲の良い事で。

レイ:うんうん()

GM:それでは感知判定をしていただきましょうか。目標値は12

レイ:12……(ダイスを振る)成功。

レオン:……おっと、クリティカルしないけどダイス目だけで12。

GM:では2人とも分かりました。銃声が聞こえてきます。

レイ:おっ!

GM:銃声の先に向かいますか?

レオン:勿論!

GM:銃声のした方に行くと、騎乗の少女が同じく騎乗の男達にわれています。やがて男達の一人が持つ火縄銃が少女の乗る馬に命中しまして、少女は地べたに投げ出されました

リーダー格の男は、ようやくの事で上体を起こした少女を馬上から見下ろして言います。「へっ! ログレスの役人に知らせようったってそうはいかねえぞ。お前たちの行動は見張りを通じて筒抜けなんだよ!

レオン:距離はどのくらいだろうか?

GM:10メートル以内ですので、キャリバーの射程内です。

レオン:アルベール隊は付いて来てる?

GM:勿論皆さんの後ろで一緒に様子を窺ってます。

レオン:じゃあ、奇襲を仕掛けようか。少女にはここから《プロテクション》届くよね

GM:届きます。

レオン:出来ればあのリーダー格の男を捕らえたい。

GM:ではこちらの感知判定の出目を目標値に敏捷判定してもらいましょうか。……目標値は14。

レイ:13。

レオン:あ、よりにもよってファンブル(笑)

GM:奇襲は失敗しました()。リーダー格の男は「何だお前ら? なりは騎士みたいだが」と訝しげに皆さんを見ます。

レオン:名乗ってやろうじゃないか()。生憎だがログレスの役人ならここに居る

レイ:事情を聞かせてもらいましょうか

GM:すると男達の中の1人がハッとした表情になって言います。「兄貴、ヤバイぜ。こいつら最近王都で評判の銃士隊だ!」

レオン:言う三人組が先に名乗っちゃうんじゃないだろうか? 特にジャネットさん辺り(笑)

GM:では名乗っちゃいましょう()。「我々は王都を守る銃士隊です! この騒ぎは一体なんですか! 1人の少女をよってたかって襲うとは言語道断です!」とジャネットが言います。

しかしリーダー格の男が言い返します。「構うこたねぇ、こっちの方が数は多いんだ! やっちまえ!」

 

 

 

と言う事で戦闘に入るがそこは歴戦の銃士。モブなどものともせず一蹴状態であっさり戦闘終了となる。

 

 

 

GM:最後の一体ですけど、降伏勧告します?

レオン:そうですね……。ではレイにホールドアップをかけてもらうという事で。

レイ:(頷いて)エンゲージして、キャリバーを突きつけます。降伏しなさい。

GM:「わ、分かった……」と言って銃を捨てます。

レイ:よし、事情を聞かせてもらいましょうか。

GM:すると、少女が起き上がってお礼を言ってきます。「ありがとうございます。私ユージェニーと申します。皆様、あの高名な銃士様なのか?」

レイ:いえ、高名かどうかは分かりませんが(汗)

レオン:(引き取って)銃士ですよ。

GM:ああ! これは神様のめぐり合わせです。お願いです! どうか私の村をい下さい

レイ:村を救う? どういうことですか?

GM:ユージェニーが説明しようとした時、アルベールが「げっ!」っと声を上げて、一番背の高いレオンの影に隠れようとします。

レイ:どうしたんだろう?

レオン:まあバレバレだとは思うけど何にも言わないでおきましょう(笑)

GM:ユージェニーがそれに気付いて、「ひょっとして……兄さん? アル兄さんじゃないですか!?」

レオン・レイ:兄さん!?

GM:「し、知らんぞ。僕はアルベールなんて名前じゃない!」(笑)

「やっぱり兄さんじゃないですか! 一体今まで何をしていたんですか!?」

レオン:それはおやおや……と思いながらやり取りを見守っていましょう(笑)

GM:ユージェニーは暫くアルベールを問い詰めていましたが、やがて皆さんの視線に気付くと言います。

「大変失礼しました銃士様。どうか宜しければ私たちの村までご一緒においで頂けないでしょうか? 事情はそこでお話します」

レオン:それはやぶさかではありませんが……と言ってアルベールの方を見よう(笑)アルベール君、君の故郷がピンチのようですが?

GM:「あの、いえ、僕の故郷と言う訳では……」と口にしかけたところでユージェニーにじろりと睨まれて、「はい、行きます」(笑)

レイ:弱っ!(笑)

GM:「兄さん、話はそこでゆっくり聞かせてもらいますからね!」

「わ、分かったよ……」

レオン:フランツ君とジャネットさんはどうだろう? 事情は知ってるのかな?

GM:苦笑気味に見守っております。

レオン:なるほど、知ってるみたいだね。

 

 

 

■オープニングフェイズ02

 

GM:では皆さんはユージェニーに案内されて、彼女の村までやって来ます。農作業している村人達は皆さんを見つけると「ユージェニーお嬢様が騎士様を連れて帰って来られたぞ!」「よかった、これで村を守ってもらえる!」と猛烈に歓迎してきます。

レオン:残念ながら、騎士じゃなくて銃士なんですけどね(苦笑)

GM:まあ、村人にそれを見分けろと言うのも酷な話ですからね()

レイ:お嬢様と言うことは村長の娘か何かかな?

GM:領主の妹だそうですね。皆さんは領主である大柄な青年に出迎えられます。「騎士殿、ようこそいらしてくれました。これで村は救われます。私の名前はフェルナン。この一帯の領主をしております」

レオン:フェルナンか……(メモを取る)

GM:ユージェニーが言います「フェル兄さん、それだけじゃないの! アル兄さんが銃士になって帰って来てくれたのよ!」

それを聞くとフェルナンは真っ青になり怯えたようなそぶりを見せます。「そ、そうか。アルベール、お前が壮健で何よりだ」

アルベールも引きつった顔で答えます。「お、お久しぶりです。兄さんもお元気そうで……何よりです」

レオン:何か因縁がありそうですね。

GM:するとジャネットがずずいっと進み出て「いいのですかアルベール 貴方の兄は貴方を……」と言いかけますがアルベールに口を押さえられて後は「モガモガモガッ……!」(笑)

レオン:どうやら複雑な事情がありそうですが、余計な詮索はしないでおきますよ。それはそれとして、我々はまだ詳しい状況を聞いていない。ユージェニー出会った経緯を話して、説明を求めましょう。

GM:それを聞くとフェルナンはユージェニーを気遣うように「そうだったのですか。なんて無茶をするんだ! お前の身に何かあったらどうするつもりなんだ!」と妹を叱りますが、

ユージェニーは「だって、村で私が一番馬が上手いんですもの。助けを求めに行くなら私しか居ないじゃないですか!」と言い返します。

アルベールはそのやり取りを苦笑を隠しきれない様子で眺めています

レイ:やっぱり、何かありそうですね。

GM:やがてフェルナンは皆さんの視線に気付くと、「これは、大変失礼しました。まずは中へ。詳しい話をご説明致しましょう」と邸内へと誘います。

皆さんは屋敷通されて、豪勢な食事が振舞われます。

「実は、この村は盗賊団に脅かされているのです」

レオン:ふむ。

GM:フェルナンの語るところによると村の状況は以下の通りです。二週間ほど前から村の北に盗賊団が住み着き始めたそうです。彼らの数、装備は圧倒的で村の護衛の者はあっという間に倒され、村は丸裸にされてしまいました。

彼らは毎月村の収入の半分を上納しろと言い出して来たんですが、当然そんな要求は呑めるわけはなく、ログレスの赤枝の騎士団に救援を求める使いを送ったのですが、その度に使いは重傷を負って戻って来たのだそうです。

状況を見かねたユージェニーが単身ログレスへ向かった所、皆さんとめぐりあう事が出来たのだと言うわけです。

「どうか盗賊団を討伐してはもらえないでしょうか? 勿論お礼はさせて頂きます」

レオン:まあそういう事情ならば我々の任務として盗賊を捕まえるのはやぶさかではないですが。

レイ:このままにしておくのはまずいです。何とかしないと。

レオン:アルベール達の様子はどうなんでしょう?

GM:アルベールは気まずそうにしています。ジャネットは何か言いたそうですがさっき口を押さえられたので黙ってます。フランツはポーカーフェイスを装っています。

レオン:なるほど。じゃあ三人組に話しかけよう。我々としては引き受けるのは異存ないですが、おは如何ですか?

GM:アルベールが「これも銃士の仕事ですし、受けるべきだと思います」と言います。ジャネットが小声で「いいのですか!?」と尋ねますがアルベールは「いいから」と言い返します。

レオン:こうして見ると中々いい夫婦漫才状態だなあ、この二人(笑)。絵的にも、眉目秀麗のアルベールと容姿端麗のジャネットの並びはさまになる筈だと思うけど。

で、三人にも異存ないなら構わないけど、もう少し情報が欲しいな。捕まえてきた奴等を締め上げて、色々聞きさないと。

GM:フェルナンは皆さんの返事を大いに喜んで、「今日はもう遅いですし、我が家にお泊り下さい」と言って部屋を用意してくれます。

レオン:まあ、レイはジャネットと同じ部屋だろうし、私はアルベールとフランツと同じ部屋だろうから。この夜の時間をどう過ごすかで状況が変わってくるんじゃないだろうか?

GM:では夜、家人が寝静まったあと、皆さんはアルベールに呼び集められます。「夜遅くすみません。実は皆さんに協力を頼みたくて」

レオン:来るんじゃないかと思って着替えずに待ってましたよ。

GM:「さすがレオンさんにはかなわないなぁ……。実は僕と兄とはちょっとした因縁がありまして……」

アルベールは父が死んだ際、跡目争いから兄とそれに同調した村人から私刑を受けて危うく殺されかけたところを同情した使用人の一人に密かに助けられてログレスで育てられました。そのため現在に至っても彼の体は傷痕だらけです。

レイ:なんと!

GM:「その使用人の爺さんがいつも口癖で言っててね『大勢を救える様な男になれ』って。僕のこの性格も爺さんによる所が大きいかもしれません」

レオン:ふむ。

GM:「兄を恨む気持ちが無いわけじゃないです。でも妹は何も知らないみたいです。もし僕が真実を明かせば妹は兄を許さないでしょう。信じている者から裏切られる絶望感を妹にも味あわせたくない」

レオン:うん。

GM:「僕は速攻で盗賊団を退治してこの村を去ろうかと思います。皆さんにも『何も知らなかった振り』をして欲しいんです」

レオン:なるほどね。アルベール君がそう言うのであれば私たちも従いますが、ただ一つ気がかりな事はユージェニー嬢の事ですかね。

本人の前で肉親の事を悪く言いたくは無いのですが、そういうお兄さんであると言う事を知らずに彼女がこのままここに居ていいものでしょうか

GM:「それは心配ありません。兄は妹を溺愛していますから。邪魔者は僕です。僕さえ居なくなれば全て上手くいくんです」

それを聞いたジャネットが声を荒げます。「何ですか貴方はさっきから! 今日の妹さんの姿を見たでしょう! 貴方に会えてあんなに喜んでいたじゃないですか! それを貴方は自分が居なくなればいいなどと……!」

それをフランツが止めに入ります。「俺も納得いかねぇよ。でもアルベールが悩んだ末決めた事なんだ。それを尊重してやろうじゃないか

レイ:いい仲間達ですね。

GM:ジャネットはそれを振り払って「貴方は馬鹿です! 大馬鹿者です!」と、目に涙を滲ませてアルベールに言います。

レオン:……分かりました。この件、私に任せてくれませんか? ひとつ策があります。

GM:(素に戻って)策……ですか?

レオン:ええ、悪いようにはしないつもりです

 

当初のシナリオではPC達(+三人組)はアルベールの考え通り、速攻で盗賊団を退治し、村を去ってもらう予定だった。

ユージェニーとの別れを感動的に演出する予定だったのだが、レオンの「策」によって物語は全然別の方向に向かっていく事になる。

 

レオン:ところで話は変わりますがアルベール君は今回の事件へのモチベーションってどうなんでしょう?

GM:それを言われると苦笑して「それは恨みはあります。でもここはやっぱり僕の生まれ故郷です。しかも妹は何も知らないんです。何としても助けてやりたいですよ」

レオン:そうですか。(微笑して)過去の事があったとは言え、今の我々は銃士です。銃士として為すべき事になんら曇りもないと言うなら大丈夫でしょう。

 

 

 

■ミドルフェイズ01

 

GM:さて、それでは夜が明けます。何からやりますか?

レオン:とりあえず捕虜に尋問します。彼らどこですか?

GM:グルグル巻きにして納屋にでも放り込んであるんじゃないかと。連れてくれば尋問できますよ。

レイ:ではそうしましょう。諸君の規模と装備は?

GM:「そんな事俺達が話すと思うか?」と言ってきますけど。

レオン:まあ話たくないと言うのであれば嫌でも話したくなるようにするだけだ。

GM:「そ、そんな脅しには乗らないね……」

レイ:どうしましょうか。キャリバーで足元でも撃ってみる?

レオン:レイのキャリバーって確か、リボルバー型って自設定だったよね? 

レイ:ええ。外見はコルトパイソンの二丁拳銃です。

レオン:だったらそれで、ロシアンルーレットをやってもらいましょうか。(わざとらしく)何人か捕まえてあるからね。一人くらい死んでも……。

GM:眼前で魔導銃に弾を込める様子を見てガタガタ震えします。

レイ:実際に弾は入れないんだけど、一発だけ入っているように見せかける。さあ、行きましょうか。まず一目。カチン。

レオン:パーン! とか声を上げてみる(笑)

GM:北斗の拳のジャギ様ですか!()

レイ:じゃあ二目……。

GM:「わ、分かった! 話す! 話すよ!」

レイ:では話してもらいましょうか。

GM:ええとですね北の森は地元の人間でも二の足を踏む程入り組んでいます。盗賊団はそこに罠を仕掛けて籠もって身を守っているそうです。

レオン:なんでお前たちはこの村に来たんだ?

GM:内情が豊かで、しかも護衛が比較的倒しやすかったそうです。フェルナンが護衛の賃金をケチったんでしょうね(苦笑)

レイ:規模はどのくらいなのかな? 何人残っているんだろう?

GM:まだ50人ちょいは居ますね。1モブが10人としてですけど。

レイ:ボスはどんな奴?

GM:魔術師だそうです。

レイ:得られる情報はこのくらいかな?

GM:そうですね。あとはGMお手製のダンジョンに踏み込んでいただかないと(にやり)。

レオン:いや、待て。その前にお前たちが戻らないと知って捜索隊は出されるのか

GM:へっ?(←想定していなかった)そ、そうですね。当然出されると思いますが……。

レオン:じゃあそれを待ち伏せて各個撃破しよう。わざわざ篭っているのをこちらから真っ正直に出向くより戦力は削れる筈。

GM:そ、そうですね……(し、しまったー!!)

 

実はGM今回はダンジョンシナリオということでPC達が動かなかった場合盗賊団がどう動くかという事を想定していなかったのである。

おかげで想定していたボスの護衛を何体か捜索隊に割き、村に向かわせることになる(泣)

 

GM:では何時間かすると、盗賊団の捜索隊が馬に乗ってノコノコとやってきます(泣)

レオン:我々は身を隠していよう。

GM:では、フェルナンを呼び出して、部下が何処へ行ったか問い詰めています。

レオン:奴らの退路を断つには後ろに回り込むのがいいだろう。

GM:敏捷で判定していただきましょうか。目標値は(ダイスを振る)あ、低い。10。

レイ:……10。フェイトで振り直す……また10。

GM:それは対応側優先で気付かれます。「な、何だお前たちは!?」

レオン:我々は王立銃士隊だ! 神妙に縛につけ!

GM:「仲間をやったのはお前らだな? 返り討ちにしてやる!」では戦闘開始です。

敵は剣士、魔術師、銃使いが1体ずつ。全てモブです。行動順はレイ、剣士(モブ)、魔術師(モブ)、ジャネット、レオン、フランツ、アルベール、銃使い(モブ)です。

レオン:味方NPCはこちらで動かしましょうか?

GM:宜しいですか? 助かります。ではアルベールをシノブ君、ジャネットとフランツを紺碧さんに預けます。

レイ:承知しました。さて、どうしよう? 敵にエンゲージした方がいいですかね?

レオン:いや、しなくていい。レイはキャリバーの10メートル(スクウェア2つ分)の射程を生かして遊撃した方がいい。

レイ:では剣士(モブ)に攻撃します。《フェイント》使用。一回目17、二回目18。

GM:こちらは14。命中です。

レイ:23ダメージ。

GM:ちょっとくらいました。次、剣士(モブ)がレイにエンゲージして攻撃します。《バッシュ》使用……19。

レイ:こっちは16。フェイトで振りなおします。……17。

GM:命中ですね。《バッシュ》で4D振り足せるから計6Dで……ダメージは25点。

レオン(ジャネット)ここでジャネットの《プロテクション》! ……5点軽減!

レイ:助かります。物理防御を引いて7点通りました。

GM:次、魔術師(モブ)が魔法撃ちます。レイに《アースブレット》……17!

レオン:17は結構高いぞ。フェイトで振り足した方が良いんじゃないか?

レイ:そうします。……17!

GM:対応側優先で回避。次、ジャネット。

レオン:フランツがグレネードを使いたいのですが、先に動けるジャネットが敵とエンゲージしてしまうと巻き込んでしまうので、ジャネットは行動を遅らせます。レオンも同様です。

GM:では次はフランツの番です。

レオン(フランツ)ハンドグレネード》を投げ込みます。命中にフェイト1点使って……あ、低い。12。

GM:それでも、こっちの回避は10と11で命中です。

レオン(フランツ)ふう、フェイト使ってて良かった。ダメージは10点

GM:それなりにくらいました。

レオン:そして遅らせていたレオンの行動ですが、魔術師にマスケットを撃ちます。《インヴィジブルアタック》《バッシュ》使用! ……22!

GM:それはクリティカルしないと避けられないです。……16。命中です。

レオン:ダメージは……24点。

GM:何体かが倒れました。結構大きいです。

レオン(ジャネット)次にジャネットの行動ですが、敵の後衛にエンゲージして魔術師を攻撃。……17。

GM:……10。命中です。

レオン(ジャネット)ダメージは19点。

GM:倒れました。次、アルベール。

レイ(アルベール)剣士(モブ)を攻撃します。《バッシュ》使用。当たるかな……13。

GM:こっちは9。

レイ(アルベール)……28点のダメージ。

GM:ざっくり持っていかれました。次、銃使いです。フランツを撃ちます。……14。

レオン(フランツ)こっちは16。回避です。

GM:では次のラウンドに行きましょう。クリンナッププロセスで行動する人は居ないですね? ではレイからお願いします。

レイ:剣士(モブ)を攻撃します《フェイント》使用……21。

GM:その時点で命中です。こっちは14なんだから。

レイ:……ダメージは26点。

GM:4分の1位が倒れました。続いて剣士(モブ)がレイを斬りつけます。《インヴィジブルアタック》《バッシュ》使用。……17。

レイ:ダイスの出目が11以上出れば避けられます。(ダイスを振る)……。駄目だった。

GM:……ダメージは26点。

レオン(ジャネット)《プロテクション》が7点!

レイ:物理防御と《加護》で6点通りました。

GM:ジャネットの行動です

レオン(ジャネット)銃使い(モブ)を斬ります。……命中は16。

GM:こっちは11です。

レオン(ジャネット)ダメージは18。

GM:倒れました。

レオン:次は私の番ですね。残った剣士(モブ)を撃ちます。……クリティカルしない21。

GM:こっちは12。命中です。

レオン:22点ダメージ。

GM:……4点だけ残りました。

レオン(フランツ)次はフランツの番ですね。《フェイント》使用。……あクリティカル!

GM:ダメージは11点以上出せれば倒れます。

レオン(フランツ)それは必ず出ますね。……19点。

GM:倒れました。今日の納屋は満員御礼です。中は捕らえた盗賊で一杯(泣)

 

 

 

GM:さすが銃士様です」ユージェニーが皆さんを褒め称えます。

レオン:ここで言います。現在銃士隊では身分の上下貴賎を問わず正義の志に燃える隊員を募集しております。(GMに目配せ)

GM:……(なるほど)

 

レオンの「策」とは、アルベールが村を去るなら、ユージェニーも銃士としてスカウトする事でログレスまで連れて行ってしまおうというものである。

これで想定していたエンディングは変えなければならないが、何より面白い。

面白いという事にGMは逆らえないわけで……。

 

GM:ユージェニーは言います「まあ! それは私でも宜しいのでしょうか?」

レイ:勿論です。貴方もガンスリンガーになれるかも。

GM:何故ガンスリンガー限定なんです?(笑)

レイ:ユージェニーは勇気もあるし銃士に向いているんじゃないでしょうか。

レオン:銃士隊には色んな人が居ます。貴方もきっと馴染めると思いますよ。

 

 

 

■ミドルフェイズ02

 

GM:では皆さん、これから北の森に向かうと言う事で宜しいですか?

レオン:はい。勿論回復してからね。

GM:ダンジョンはまた「ブルーローズ」からマテリアルゲーミングをコンバートして使います。0地点から初めまして、交代で2D6のイベント表を振って頂きます。出目ごとにイベントが起きます。出目がいいからと言っていい事が起こるとは限りません。

OK

+3

+2

+1

 

 

 

 

PC達

レオン:では僭越ながら私から……4。

GM:敵エンカウントです。早速ですが戦闘をやっていただきましょう。

 

出現したエネミーはウォーターリーパー×3。14ある行動値と《バットステータス付与:マヒ》を駆使してPC達を翻弄するも、所詮は4レベルエネミー。PC達の反撃によって沈められる事となる。

 

レイ:次は私が振ります。……7。

GM:知力判定してみてください。NPCも振っていいですよ。

レイ:まず私から……10。アルベールは……9。

レオン:ダイスを振る)レオンはクリティカル!

レイ・GM:おお!

レオン:フランツが11。ジャネットが8。

GM:レオンだけ気付きました。ここら辺一帯は薬草が群生しています。これは1D6個分のHPポーションとして使えます。

レオン:ダイスを振る)3個か。早速使っていい?

GM:どうぞどうぞ。

レオン:ジャネットを回復します。……よし全快。

GM:次はレオン、イベント表を振ってください。

レオン:……8です。

GM:1進みます。次レイ。

レイ:(ころころ)7です。

GM:また同じですね。知力判定に成功すればポーションが貰えます。

レイ・レオン:失敗。

レオン:まあゆっくり探している暇は無いですからね。次振ります……4。

GM:何も無い様に思えた。

レイ:怖い。トラップ探知をします。……17。

GM:それは分かります。本当に何も無いです。具体的にはもうイベントが起こってしまったので何も起こらないと言う所ですね。さっき倒したウォーターリーパーの死体があります。

レオン:戻って来たわけか。なるほどこれは迷路だな。

GM:ちなみに、既にイベントが起こった場所も必ず何にも無いとは限りませんよ。うひひ。

レイ:行きます……7。

GM:またポーションですね。これで三回目です。

レイ:……でも知力判定失敗です。

レオン:お、またクリティカル。1D6個だったよね。(ころころ)6個獲得!

レイ・GM:おお、すげえ、パーフェクトだ。

レオン:本当はMPポーションの方が欲しいんだけどね(苦笑)

GM:MPポーションはイベント進行判定で12を出せば貰えます。

レオン:何とか出したいなあ。……お、12。

GM:さっきから何が起こってるんだろう(苦笑) では目標値14の知力判定に成功した人はMPポーションが貰えます。

レオン:失敗。

レイ:自分もアルベールも成功。

GM:このポーションは次のセッションに持ち越せますからね。持って行っちゃってください。

レイ:いっぱいポーションも拾えたし、そろそろ先に進みたい……また7(笑)

GM:では知力判定を。

レイ・レオン:今回は失敗。

GM:なかなか毎回ゲットとはいきませんね。

レオン:まあ仕方が無い、次いきます。……3。

GM:1進みます。あと2回これを出せばゴールですね。

レイ:今度こそ7以外を出したい……また7(笑) しかも、知力判定でファンブル。

GM:今日の出目呪われてるんじゃないですか?

レオン:こちらはジャネットが成功しました。では、イベント表を振りますね……8。

GM:1進みます。不調なレイとは反対にレオンは調子いいですね。

レイ:今度こそ先に進みたい。(ダイスを振る)3! 1進むですよね?

GM:です。皆さんは見事ダンジョンを抜けることが出来ました。

レオン・レイ:いえーい!

 

 

 

■クライマックスフェイズ

 

GM:というわけでボス戦ですね。といっても皆さんの作戦で各個撃破されてだいぶ貧弱になっちゃいましたけど(しょんぼり)

レオン:ここは開けた場所ですか?

GM:はい。広い場所に小屋が建ってます。ボス達が小屋からわらわらと出てきます。

レオン:口上を聞かせて貰いましょうか。

GM:ってもこいつらは小物ですからね。「銃士がやがった!」「畜生、だから見張りがやられた時点で逃げれば良かったんだ!」とか口々に。

レイ:小物だ(笑)

GM:「ここを切り抜けて逃げるぞー!」「おー!」だそうです(笑)

レオン:ここはアルベール君に一言くらい言って頂きましょうか。

GM:バスタードソードを構えて「僕の故郷を襲ったのが間違いの始まりだったな! お前たちは銃士隊アルベールが捕まえてやる!」

では戦闘開始です。(ポーンを配置する)ボスの魔術師が一人、剣士(モブ)と戦士(モブ)がそれぞれ別エンゲージを形成しています。

行動順はレイ、剣士(モブ)レオン、魔術師、アルベール、戦士(モブ)、ジャネット、フランツです。

レイ:《陣形》を使用しましょう。レオン、アルベール、ジャネットを戦士(モブ)と剣士(モブ)、魔術師にそれぞれエンゲージします。

GM:セットアッププロセスは以上ですね? ではレイの手番からです。

レイ:ボスに射撃します。《フェイント》使用。一回目、17。二回目……。

GM:こちらは16で命中です。

レイ:最後のフェイト2点をここで使います。高い目が出て欲しい……33。

GM:げっ、ボスもう7点しか残っていない! 本当はカバーリングしてくれる手下が居たんですけど。

レオン:さっき倒しちゃったからな()

GM:次は剣士(モブ)がアルベールに斬りつけます。……わ、低い。14。

レイ(アルベール)こっちは10です。

GM:ダメージは15。

レオン(ジャネット)ジャネットの《プロテクション》が飛びます。……12点軽減。

レイ(アルベール)では物理防御と合わせて打ち消しです。

レオン:ジャネットはアルベール相手だと出目が良くなるんだろうか?()

GM:さてそれはどうでしょう() レオン。

レオン:目の前の戦士を攻撃します。《インヴィジブルアタック》《バッシュ》使用はいつも通りなんですが、ここでフェイト1点使ってクリティカル狙いで5D振ります。……ああ、クリティカルしない。

GM:こっちは14です。

レオン:ダイスの出目だけでも15いってますので命中ですね。ここで《ボルテクスアタック》を使用して8D振ります……ダメージは35点!

GM:28点通ります。半分近く持っていかれましたね。次魔術師です。ジャネットに《アースブレット》! ……お、クリティカルした!

レオン:レイ、頼みます。

レイ:《アースブレット》を《インタラプト》します。

GM:クリティカルがぁー(Zガンダムの「アッシマーがあっ!」風に)

レオン:ジャネットさんは守りの要ですからね。ここで落とされるわけにはいきません!

GM:くそー。次アルベール。

レイ(アルベール)《バッシュ》使用。剣士(モブ)を斬ります。フェイト1点使って4D振ります。……出た! クリティカル!

GM:こっちはクリティカルしません。

レイ(アルベール)《ボルテクスアタック》使用、フェイトも3点使用、13D振ります。(じゃらじゃら)……57点ダメージ!

GM:こっちは8点しか残らない(泣) さすがアルベール故郷がかかってるだけあって必死だ。いつも僕が使うと出目が悪くなるのに。

レオン:いつもはその情熱が空回りしてるんじゃないの笑)

GM:戦士(モブ)ですが、自分に《ホーリーウェポン》をかけます。これで攻撃が+9されます。

レオン:そんな余裕は与えん

GM:ジャネットです。

レオン(ジャネット)魔術師を斬ります。命中は……17。

GM:ファンブル!(笑)

レオン(ジャネット)ではダメージロール行きます。(ダイスを振る)……29点

GM:倒れました(泣)

レオン(フランツ)次はフランツの番ですね。剣士(モブ)を撃ちます。……クリティカル!

GM:マジですか? こっちはクリティカルせず。

レオン(フランツ)ダメージは……あんまり良くない。でも25点。

GM:倒れました(泣)

レイ:あと一人。

GM:次のラウンドです。レイからですね。

レイ:最後の一体に《フェイント》を使って攻撃します。一回目……20、二回目……21。

GM:こっちは10。命中です。

レイ:ダメージは26点。

GM:もう明かしちゃいましょう。残りHPは15点。

レオン:次は私ですね。止めを刺しちゃいましょう《インヴィジブルアタック》《バッシュ》使用。フェイト2点使ってクリティカル狙いで……よし! クリティカル!

GM:なにー! こっちはクリティカルせず。

レオン:ダメージは34点。

GM:倒れました(泣)こいつら少しもいいところ無かったな。

レオン:反撃したければ《ホーリーウェポン》を使うべきではありませんでしたね。

GM:ううっ、おっしゃるとおり(しょんぼり)

 

 

 

■エンディングフェイズ

 

GM:ではエンディングですが、見事盗賊団を逮捕して、ログレスに出立するところから始めようと思います。

レオン:とは言え50人からの盗賊を捕らえたんだから早馬を飛ばして移送の為の部隊を呼んで貰わないと。

GM:そうですね。まあそんな事後処理も終ってこれから帰る事になったとしましょう。皆さんには礼金1500Gずつが各自に支払われますよ。

レイ:ありがたい。

レオン:これで次回、闘士のバンダナが買える

GM:さて、屋敷を出た所でアルベールとユージェニーが押し問答をしています。

「私決めました! 王都へ行って銃士になります」

「ちょっと待て! 銃士ってお前、そんな楽じゃないんだぞ。み、みんなも何とか言ってくれ」と助けを求めますが、ニヤニヤ笑いのジャネットとフランツに

「いいじゃないですか。私は応援しますよ」

「よかったじゃねーかアルベール。これで妹と一緒に居られるわけだ。レオンの旦那に感謝するんだな」と言われてがっくりうなだれます。

レオン・レイ:(笑)

GM:ユージェニーが言います。「銃士の皆様、兄は理屈馬鹿で頭でっかちではありますが真面目な人間です。これからも兄を私共々宜しくお願いしますね!」

レオン:ええ、勿論です。

GM:「さ、行きましょうか兄さん」と身支度をすっかり整えたユージェニーが言います(笑)

レイ:アルベールに言いましょうか。彼女は才能ありますよ。

GM:「なお悪いですよ!」と言って頭を抱えます(笑)

レオン:これから三人組は四人組になるんですね(笑)

レイ:ガンスリンガーになってくれないかな。仲間が欲しい……(笑)ログレスに着いたら練習用のキャリバーとか撃たせてみよう。

GM:ガンスリンガーにする気満々じゃないですか(笑)

レオン:まあ、何にせよ見習い一人ゲットという事で(笑)

GM:そんなわけで、第8話を閉じたいと思います。お疲れ様でした。

レオン・レイ:お疲れ様でしたー。




戻る