ブルーローズTRPGのリプレイ



写真:ViMA

 ブルーローズTRPGとは、2002年に朱鷺田祐介とスザク・ゲームズ制作、エンターブレイン刊のテーブルトークRPGです。
 PCはローズ財団のエージェントとなり、超古代文明の遺産であるオーパーツを、悪意ある者達から守るのが、このゲームの目的です。。
 舞台は現代の地球。実際の地球と少しだけ違うのは、恐るべき科学力を持った超古代文明が実際に存在し、世界各国の遺跡にはその遺産であるオーパーツが眠っている事です。
 オーパーツを解析すれば、未知の技術を得るだけでなく、地上の覇権を握る事も可能です。世界中の国家や組織は、オーパーツを我が物にしようと世界中の遺跡にエージェントや戦闘部隊を送り込んできます。
 そんな混沌の中から、オーパーツを危険なものととらえ、これらを封印すべく立ち上がった者達が居ます。それがPC達の所属する「ブルーローズ」なのです。

 より詳しい情報はこちらをご覧ください。

 PC達はあのインディー・ジョーンズのように、はたまた「スプリガン」の御神苗優のように、オーパーツを守る為、冒険に旅立ちます。
 一体彼らの前に立ちふさがるのは何でしょうか?

 第1話「ミイラの魂」
GM・作:萩原優
 つぐみ、ジャン、ジスの3人はローズ財団のエージェントとして、日々危険なオーパーツを封印
している。
  イタリアシチリア島を舞台に陰謀組織とオーパーツの争奪戦を繰り広げる。
 3人を待つ罠とは? 影の納骨堂とは?
 ブルーローズリプレイ、開幕。

 第2話「神の砲身」
GM・作:萩原優
  イラク、バクダッド。イラク軍の偵察部隊が発見したのは遺跡の入り口であった。動き出す陰
謀組織達。
 ブルーローズはジャンとジスの2人に遺跡の封印を命じた。
 遺跡の正体とは? 世界滅亡の危機に2人はどう立ち向かうのか?
 ブルーローズリプレイ第2話、乞うご期待。

第3話「バラージの青き勇者」
GM・作:萩原優 編集:葵紺碧 
  トルコ共和国、バラージ遺跡。そこで発掘中のローズ財団の研究チームが突如シュープリー
ム特殊部隊「ニードル」に襲撃された。
 ジェシカ・ローズはつぐみ、ジスの2人にスタッフの救出と発掘中のオーパーツ、「青い石」の回
収を命じた。
 遺跡に潜入した2人が見たものとは、神と邪神の戦いだった。




戻る