アリアンロッドリプレイ外伝人名辞典



※この辞典はレギュラーキャラを登場順に解説しています。

 

●第1話「エルーランの銃士隊」


・バジル

 バジル隊編PCの1人。プレイヤーは真枝雅清。

王立銃士隊バジル隊隊長。クラスはアコライト/アルケミスト。

 元傭兵だったが、任務中重傷を負って銃士隊に運び込まれてきた事がきっかけで銃士隊に入隊する。

 天然ボケだが任務には熱心で人望もあり、小隊長としての適性は確かなものを持っている。

 普段はすっとぼけているが、いざ事件に遭遇すると熱血漢の一面が顔を出す。

 アプリコットに思いを寄せているが、関係は進展していない模様。

 

・レオン

 バジル隊編PCの1人。プレイヤーは葵紺碧

 王立銃士隊バジル隊の参謀役。クラスはウォーリア/アルケミスト。

 記憶を失って海岸に倒れているところをアマリアに発見され、ログレスにやってきた。

 数々の難事件をそのひらめきで解決に導いてきた。

 戦闘スタイルは片手剣と錬金銃を使い分ける遠近両用。

 

・レイ

 バジル隊編PCの1人。プレイヤーは九三(きゅうぞう/シノブから改名)

 王立銃士隊バジル隊の切り込み役。クラスはシーフ/ガンスリンガー

 戦う為に作られた人工生命。その出自は謎に包まれている。

 二丁拳銃を手に、前線を支え、クリティカルを叩き込む姿はおなじみとなっている。

 

・オーバン

 銃士隊隊長。

 銃士隊立ち上げ時に隊長に抜擢される。

普段の彼は昼行燈で書類仕事を副官であるグレースに押し付けているが、いざ有事となると、上層部やケストナー、赤枝の騎士団との折衝や作戦立案、陣頭指揮等を1人でこなす切れ者である。その為「剃刀オーバン」の二つ名を持っている。

バジル隊やユーリ隊が自由に動けるのはこの人の采配による事が大きい。

イメージボイスは大林隆之介。勿論モデルは某特機隊隊長である。

 

・ジャン

 少年銃士隊隊員。

 ヴァンスターに併合されたある街に住んでいたが、妹と共に戦乱の中人狩りに捕まり、ログレスで強制労働させられていた所をバジル達に助けられる。

 レオンの発案で少年銃士隊が設立されると、これに加わり、警邏や伝令に従事している。

 将来の夢は「バジルのような立派な銃士になる事」である。

 

・アプリコット・ベルモン(アコさん)

 銃士隊医務担当兼鑑識主任。

 本名はアプリコットだが、皆はアコさんと呼んでいる。

 生まれはルネスだが、流行の伝染病で家族を失い、ベルモン子爵家に引き取られてきた。

 その為、伝染病の被害を少しでも食い止めようと銃士隊に防疫部隊を立ち上げようと、日夜努力している。

 また、被害者の検死等も仕事の1つで、彼女からもたらされる情報が事件解決に繋がる事も多い。

 尚、バジルに思いを寄せられているが、まったく気付いていない模様。

 

・エトワール

 赤枝の騎士団に所属する幹部騎士。

 赤枝騎士の例の漏れず貴族の出身であるが、平民あっての貴族という考え方から、平民の立場に立って行動するため、彼らの人気は高い。

 銃士隊にも色々と便宜を図ってくれる理解者で、銃士隊と赤枝の騎士団とのパイプ役である。

 剣の腕も確かで自分に5倍する相手に囲まれても難なく対応していた。

 甘いもの好き。

 

・エルマン

 月光通りで夜の店を取り仕切る香具師の元締め。

 月光通りの治安を良くするために積極的に銃士隊の手を借りようという考えであり、その為事件に関する情報を格安で売ってくれる。

 部下にも慕われているが、立場上恨みを買う事もあり、それがトラブルとなって銃士隊の元へ転がり込んでくる事もある。

 

●第2話「アンナ姫の休日」

 

・アオイ

 バジル隊PCの1人。

 バジル隊所属。はるか東方のダイワからやってきたメイジ/ニンジャ。

 その経歴は謎だが、得意な魔法だけでなく、白兵戦までこなす万能選手である。

 普段はおちゃらけているが、頭脳は明晰で、捜査ともなるとその実力を発揮する。

 その立ち振る舞いから、ダイワではかなり高い地位に居たのではないかと噂されるが、詳細は不明である。

 

・グレース

 銃士隊副官で、隊の実務は彼女が担当している。

 いつもオーバンに仕事を押し付けられているが、それが出来るだけの実務能力が彼女にある事の裏返しでもある。

 銃士隊の創始期からのメンバーで、隊の組織作りは実質彼女が執り行っている。

 アプリコットとは親友同士であり、よく2人で飲みに行っては、オーバンに対する愚痴をこぼしている。

 

・アンナ

 エルーラン王国王女にして王位継承権第一位である。

 根っからのお転婆で、興味を持った事はやらないと気が済まない。

 王女としての生活に馴染めず、王宮を抜け出しては街に繰り出すという毎日を送っていたが、バジル達と出会い、良き国王になろうと思い始める。

 今では銃士隊詰所に遊びに来るのを楽しみとしているようだ。

 

・ケストナー

 エルーラン王国王弟。

 銃士隊の前身である義勇民兵組織に目をつけ、銃士隊を発足させた人物であり、後援者である。

 表向きは放蕩者で、大勢のご婦人と浮名を流しているが、その実態はかなりの切れ者で、王権をないがしろにしようとするベアトリス枢機卿の勢力に対して封じ込めを行っている張本人である。

 その目標は次期女王であるアンナの元で宰相としてその腕を振るう事で、アンナに王としての素養を見出しており、それを育てるために様々な手を打っている。銃士隊の面々とアンナを引き合わせたのもケストナーの差し金である。

 食えない人物であるが、銃士たちにとっては頼れる後援者である。

 

●第3話「アコさんの憂鬱」

 

・ヴァレリー

 赤枝の騎士団幹部。

 バジルの恋敵で、アプリコットにアプローチをかけている。

 実力至上主義者で、能力の無いものは無視し、ある者はとことん使い倒して成長を促す。その為エトワールと違い、部下には厳しいが、彼に心酔する者も多い。

 最初は恋敵であるバジルを馬鹿にしていたが、ある事をきっかけに変わり始める。

 

・ジョエル・ベルモン

 アプリコットの弟。

 早くに母を無くし、男親だけで厳しく育てられた事に反発し、不良グループに身を置くが、バジル達と出会ったことで更生。今は赤枝の騎士団で見習い騎士としてエトワールの従卒を務めている。

 

・アマリア

 月光通りにある店「夜顔亭」の芸妓。

 街の噂に詳しく、色々な情報をPC達に売ってくれる。特に、邪神教団についての情報は積極的に集めているようだ。

 その為、命を狙われることも多いが、凄腕の冒険者に護衛してもらっているだけでなく、彼女自身もキャリバーの使い手である為、暗殺者は彼女に指一本触れることなく返り討ちになるという。

 アズーレの師匠でもある。レオンとの関係が噂されているが、尋ねてもはぐらかされる為、真相を知るのは本人達だけである。

 

第4話「悪魔の秘薬」

 

・アルベール・ベルラ

 銃士隊のアルベール隊隊長。クラスはレオンと同じウォーリア/アルケミスト。

 地方領主の息子だったが、とある事情から出奔。銃士隊に身を寄せる。

 頭は決して悪くないのだが、戦術を考えるべき時に戦略を語ってしまう悪癖があり、そのせいで良くジャネットと口げんかをしている。

 とは言え、アルベール隊がバジル隊、ユーリ隊に次ぐ程の成果を上げているのは、隊長であるアルベールの手腕と、隊のチームワークによるところが大きい。

 ジャネットとは、つかず離れずの関係で、妹のユージェニーをやきもきさせている。

 

・ジャネット

 アルベール隊の一員。クラスはアコライト/サムライ

 彼女の家は代々サムライの家柄で、修行の成果を見せる為銃士隊に入った。

 剣と神聖魔法の両方を扱う事が出来、攻守両面に優れるが、自分が正しいと思ったことに猪突猛進する悪癖があり、アルベールには良く「視野が狭い」と文句を言われている。

 アルベールやフランツとは口げんかばかりしているが、決して仲が悪いわけではなく、彼らは固い絆で結ばれている。

 

・フランツ

アルベール隊の1人。クラスはシーフ/アルケミスト。

出身は貴族だったが、家が没落。再び成り上がる為に銃士隊に入隊した。

普段から金儲けと出世の話しかしない事から、利己的な人間だと勘違いされがちだが、本来は誰よりも仲間思いで、アルベールが凶刃に倒れた時には先頭を切って仇を取ろうとした。

ユーリとは立場が似ている為、普段からお互いの愚痴を聞きあう仲である。

 

●第5話「来なかった男」

 

・ユーリ・ブランシュ

 ユーリ隊編PCの1人。プレイヤーは萩原優。

王立銃士隊ユーリ隊隊長。クラスはメイジ/アルケミスト。

フランツと同じく貴族出身で婚約者が居たが、とある事件に巻き込まれ家が没落。最愛の婚約者との仲も破談にされかけるが、再び貴族に成り上がって彼女を迎えに行くため、銃士隊に入隊した。

頭脳労働はあまり得意ではなく、足を使って情報を得るタイプ。

 

・ポルトス

 ユーリ隊編PCの1人。プレイヤーはG3。ユーリ隊所属

 「ポルトス」はあだ名で、本名は不詳。

 ユーリ隊が誇る鉄の壁。クラスはアコライト/ウォーリア。

 身長2メートル半の巨漢。絶大な防御力によって、何度もユーリ達の窮地を救ってきた。

 しかし、重度の酒好きで、酔うと誰にでも飲ませようとする悪い癖があり、一度彼と飲みに行った人間は2度と同席したがらないという。

 そんな彼も悲しい過去を秘めており、酒を飲むのはその逃避であると言うが、本人が固く口を閉ざしている為、真相は闇の中である。

 

・ハジメ

 ユーリ隊編PCの1人。プレイヤーは九三。ユーリ隊所属。

 ポルトスと対をなす攻撃役。その圧倒的な攻撃力は他の追随を許さない。クラスはウォーリア/サムライ。

 ダイワ出身だが、呪いを受けたことで故郷を追われ、ログレスまでやってきた。

 悪を憎む好漢だが、アズーレが関わると三枚目に成り果てる。

 

・アズーレ

 王立銃士隊のマスコット。クラスはシーフ/バード。

 16歳の若さで銃士隊に入隊。受付やらグレースの手伝いやらをこなしながら、ユーリ隊の助っ人も行っている。

 誰に対しても優しく、笑顔を絶やさない為、銃士達の間でも密かに人気がある。中でもハジメはご執心らしく、彼女が夜顔亭でライブを行うと必ず顔を出すという。

 なお「アズにゃん」というあだ名がある。付けたのはアプリコット。モデルは某軽音部の新人。

 

 

●第8話「その日のアルベール」

 

・ユージェニー・ベルラ

 アルベールの妹。クラスはアコライト/ガンスリンガー。

 アルベール隊所属。

 突然失踪した兄を誰よりも案じていたが、兄が銃士になっていたと知り、自分も銃士になる決意をする。

 アルベールとジャネットをくっつけようと水面下で画策するが、成果は上がっていない模様。





戻る